読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やらなイカ?

たぶん、iOS/Androidアプリの開発・テスト関係。

Travis CI Night に行ってきました #eytokyo

Engine Yard 東京オフィスで開催された Travis CI Night に行ってきました。

f:id:nowsprinting:20140327064058p:plain

iOSオープンソースライブラリにおけるCI環境の定番となっている Travis CI に関する国内初イベントとのことで、行ってきました。RubyPHPなどで利用されている方々のお話も聞けて、横のつながり的な良い感じのイベントでした。

会場は業務レベルのPaaSを提供する Engine Yard の東京オフィスさん。

Travis CIについて

以下、メモ書きから。メモしきれなかったので、安藤さんのスライドが公開されたらそちらを参照してください。

  • ベルリンの会社。今回主催の安藤さん@Engine Yardはベルリン好き(偶然の一致)
  • ベルリンといえば熊
  • サービス開始は2011年2月?(ドメイン取得がこのタイミング)
  • 特徴は、オープン、分散、即時。GitHubのパブリックリポジトリであれば無償利用可能
  • .travis.ymlに、最低限language:だけ指定すれば、デフォルトでよきに計らってくれる
  • language: objective-cで、Mac OS Xでビルド可能。他にも類似サービスはあるがMac OS X利用可能なサービスは少ない
  • Seleniumの利用が可能。WorkerにはFirefoxが入っている
  • .travis.ymlに直接書いて晒したくない情報は、travis encriptコマンドであらかじめ暗号化してsecret:記述することが可能
  • ビルド、テスト、Engine Yard などのPaaSへのデプロイ
  • FacebookTravis CI 日本語コミュニティ があり、Travis社の日本人エンジニアAsariさんもいるので、ジョインして盛り上げて欲しい

【3.27追記】安藤さんおよびLTのスライド、動画が公開されています。

iOSアプリ開発でもTravis CI

ついでに書籍の宣伝LTもしてきました。

スライドで触れていますが、本書の7.3でTravis CI、また8.1でCoverallsによるコードカバレッジ表示について書いています。

iOSアプリ テスト自動化入門

iOSアプリ テスト自動化入門