読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やらなイカ?

たぶん、iOS/Androidアプリの開発・テスト関係。

EasyMockをAndroidテストプロジェクトで使用する #android_tec

DalvikサポートがマージされたEasyMock 3.2がいつの間にか(半年も前に)リリースされていたので導入方法などのメモ。

尚、MockitoのDalvikサポートについては下記エントリで紹介しています。

MockitoをAndroidテストプロジェクトで使用する #android_tec - やらなイカ?

EasyMockの導入手順

  1. EasyMock : Downloadsから、EasyMock 3.2以降のzipファイル(執筆時点の最新はeasymock-3.2.zip)をダウンロード・展開し、easymock-3.2.jarをプロジェクトに追加します。
  2. テストプロジェクトのproperties -> "Java Build Path" -> "Libraries"タブを開き、"Add JARs..."ボタンをクリックしてダウンロードしたjarファイルを選択します。
  3. Downloads - dexmakerから、dexmaker-1.0.jarをダウンロードし、プロジェクトの/libsディレクトリに追加します。(こちらはクラスパスを通す必要はありません)

セットアップは、これだけです。

ライセンスは、EasyMock、dexmakerとも、Apache License 2.0です。

EasyMockの使い方

@ITさんの記事「Android Mockを利用してHTTP通信をテストするには」で書いたサンプルコードをEasyMock向けに書き換えたものをgistに上げておきました。

対応するプロダクトコードは

https://atec.googlecode.com/svn/atmarkit/usemock/trunk/UseMockExample

Android Mockを使用したテストコードは

https://atec.googlecode.com/svn/atmarkit/usemock/trunk/UseMockExampleTest

に置いてあります。

そもそもAndroid MockがEasyMockベースなので、変更箇所は以下の3点です。

  • import文をorg.easymock.EasyMockに変更
  • @UseMocksアノテーションは不要なので削除
  • s/AndroidMock/EasyMock/g

EasyMock自体の機能や使い方は公式サイトなどを参照してください。