読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やらなイカ?

たぶん、iOS/Androidアプリの開発・テスト関係。

Gradle+Androidプラグインで証明書情報をgradle.propertiesに移す

Android Gradle

先の記事 Gradle+AndroidプラグインでNDKプロジェクトをビルドする - やらなイカ? で、キーストアの情報(パスワード等)をビルドスクリプトであるbuild.gradleに直接書いていたのですが、gradle.propertiesというファイルに逃がしてやることができました。

gradle.propertiesを作る

キーストアの情報をgradle.propertiesに記述します。キーにピリオドは使えないようなのでant.propertiesとは若干違う書式です。

storeFile=example.keystore
storePassword=example
keyAlias=example
keyPassword=example

build.gradleの変更

build.gradleの、signingConfigsの記述はこのように変更。

signingConfigs {
    myConfig
}

さらに以下を追加。

if (project.hasProperty('storeFile')) {
    android.signingConfigs.myConfig.storeFile = file(storeFile)
}
if (project.hasProperty('storePassword')) {
    android.signingConfigs.myConfig.storePassword = storePassword
}
if (project.hasProperty('keyAlias')) {
    android.signingConfigs.myConfig.keyAlias = keyAlias
}
if (project.hasProperty('keyPassword')) {
    android.signingConfigs.myConfig.keyPassword = keyPassword
}

これでビルドスクリプトとキーストア情報を分離できました。gradle.propertiesを.gitignoreに追加しておけば目的は果たせます。

サンプルプロジェクト

https://github.com/nowsprinting/GradleAndroidNdkExample更新しました

参考資料